Career

キャリアパス制度

キャリアパス制度

当社のキャリアパスの6つ思想

「成長したい」「自分を高めたい」と思う人に、ふさわしい仕組み

どんなキャリアの技術者にも、常に目標設定ができる環境

新しい力を手に入れれば、それを実践できる上のステージを提供

若いうちに責任あるポジションで、リーダーシップを発揮する場を提供

スキルUPを支援する充実した教育、教育制度

キャリアパスとリンクした面接制度、給与制度、評価制度

必要なスキルを身に付ければレベルがアップしていくという、極めて合理的なシステムです。
またマネジメントを目指す人にも、プロジェクトリーダーを目指す人にも応えられる仕組みです。
入社するとその時点でのキャリアに応じて「職級(=クラス)」が定められます。
上のキャリアには相応のスキルを身に付けたと評価されれば、年功とは関係なく昇格できます。
スキルのレベルはそれぞれの職級ごとに細かく設定され、どの職級になれば、どの位のことが出来るべきか、明確になっています。
また現在の職級を越えて、上のレベルの業務に挑戦したいというチャレンジも大いに歓迎し、積極的に評価します。
その為のステップは、上司とあなたで面談しながら現実の仕事の中で明らかにしていきます。
以上が当社のキャリアパス制度です。皆さんもこの制度でキャリアUPを!!

キャリアプラン

当社は「成長したい」「自分を高めたい」と
考える方にふさわしい、 キャリアパスの仕組みを作っています。
それぞれのキャリアに応じて職級(クラス)を定めると同時に、
職級ごとの必要なスキルも明確化しています。
そのため、新しい力をつけたら、それを実践できる
上のステージに積極的にチャレンジすることが可能です。

キャリアステップは?

1年目

ITに関する技術、知識の修得が第一の目標です。その成果の証明として資格取得にも挑戦します。社会人としてのビジネスマナー、ビジネススキルも身につけてください。
各プロジェクトで先輩社員がマンツーマンで指導し、業務をこなしながら、1年がかりで各自の目標に向かって取り組みます。

1年目
2年目

2年目

より上位の技術、知識の修得を目指します。また、ヒアリング力、調整力、説明力、コミュニケーション力といった、システムエンジニアに必要なスキルを磨き、自己成長を実現してください。
各プロジェクトで自分が先輩社員として後輩に指導し、後輩社員が仕事ができる社会人になるようアシストします。

3年目

一定の経験・技術を有した方から、積極的に「上流工程」にチャレンジしていただきます。
言われたものをただつくるだけではありません。
お客様と緻密なコミュニケーションをとり、課題を策定した上で、全体の構想をプランニングしてください。

3年目
将来的には…

将来的には…

ここから先、どんなキャリアを描いていくかは自分次第です。当社には、お客様から絶大な信頼を得るメンバーもいれば、プロジェクトリーダーとなってチームをマネジメントするメンバーもいます。どんな未来予想図を描いていくか、ぜひ一緒に考えながら、一歩ずつステップアップしていきましょう。

キャリアMAPと職位毎に
「目標とする技術資格」

キャリアMAPと職位毎に「目標とする技術資格」
アシスタントエンジニア 基本情報技術者(FE)
エンジニア 基本情報技術者(FE)
応用情報技術者(AP)
リーダー 応用情報技術者(AP)
マネージメント系 プロジェクトマネージャ(PM)
システムアーキ テクト(SA)
ITストラテジスト(ST)
スペシャリスト系 データベーススペシャリスト(DB)
ネットワークスペシャリスト(NW)
ITサービスマネージャ(SM)